独身でひとり暮らしの中年女性のお金の使い方~どんな贅沢をしているの?~

女性の社会的な地位の上昇に伴い、
また女性の総合職・管理職が増えたことによって
「お金を持っている女性」が増えました。

昔は、いわゆる「お茶汲み」などと言われていた時代もあり
給料が上がっていく前に寿退社すること当たり前のようなっていましたが
現在では男性と同じように、それ以上に働いている女性もたくさんいます。

実家なのか、一人暮らしなのかで消費事情は変わってきますが

「都内一人暮らしOL」のおおまかな生活費の相場は

家賃・・・8万円

通信費・・・1.5万円

光熱費・・・1.5万円

食費・・・4万円

雑費・・・1万円

平均で「15万円前後」が生活に必要になる費用であり
これらを払った後の残ったお金で、オシャレや付き合いなどの遊行費を捻出します。

上記した生活費は、「最低ライン」とも言える額であり
ある程度の社会人暦になれば、広い家に引っ越したりと
家賃を中心に上がっていくことも多いです。

それに加え、美容院代や化粧品代などの
欠かせないものが女性には多く、異性だけではない
お友達との付き合いである「女性会」などによる出費も考慮する必要があります。

贅沢な時間と使う金額

生活費以外の女性の消費項目としては

  • オシャレ
  • 趣味
  • 付き合い
  • 習い事

以上が代表として上げられます。

その中でもオシャレに関しては「常に追い続ける」人も多く
10年前、20年前と比較しても、お金を使う比率は変わらず
相変わらず一番お金を使う部分のようです。

賃金が増えるごとに、自然と使うお金も増えます。

若い頃満足していたものでは、満足できなくなります。
そして、いずれ飽きる(満足)ようになり
同じものに対してお金を使わなくなります。

いわゆる中年と言える、30歳~50歳くらいの女性は
「消費欲求のピーク」ではないかと考えられ
「ターゲット」にされている年代でもあります。

それだけに、消費への誘惑が多くなるのです。

「コントロール」が、最も難しくなる時期と言えます。

変わってきたお金の使い方の傾向

「デートは男が奢って当然」と考えられていた時代も長かったようですが
現在は、男性よりも所得が高い女性も増えてきており
「自分へのご褒美」という言葉が流行ったことからも
自分のお金でそれなりに贅沢している人も多いようです。

そのお贅沢の内容はどんなものであり
また、どの程度のお金を使っているのでしょうか?

「そもそも、みんなそんなにお金持っているの?」

という疑問も浮かんできます。

女性の社会進出と所得の増加、晩婚化の結果としての
「独身中年女性お一人様」という層を、無視出来なくなっており
企業の商品や、サービスを考える際の中心となってきています。

消費の中心として、「そこそこお金を持っている女性」が
ターゲットとなりやすく、実際に購買意欲も高いようです。

平均的な1人暮らしの女性が1ヶ月で自由に使えるお金として
20代では「3~4万円」と言われています。

しかし、男性と同じく総合職として働いている女性は
30代も半ばになれば、そこそこ収入も増えており
自由に使えるお金が「10万円前後」となる女性も多いようです。

何に使うようになったの?

その増えたお金で何をしているのかということを、様々な角度から見てみましょう。

毎日使うお金の代表でもある「食事」ですが

「ランチをちょっとオシャレなお店で」

なんていうことは、若いOLもやっていることです。

基本的にはランチは、「買ったもので」ということが多く
手作り弁当などの比率も、年齢別の違いはないようです。

また、女性のお金の使い道としては

洋服(ファッション)などのショッピング

それについで、趣味・娯楽、そして交際費となります。

確かに、年をとるごとにそれぞれの要素で
満足するためのハードルは上がってきます。

「若い頃」のようなサラリーも少なく、
少ない同志で付き合ってデートしていた頃とは違い

それなりの服(スーツ)を着て

それなりの店で「大人のデート」を楽しんだり

いわゆる「女子会」でさえも、お店選びのグレードは高くなります。

しかし、賃金や昇進などのスピードが
男性と同じくらいになった・近づいただけであり
ある程度のお金を手に入れた時点では「年を」とっていることになります。

楽しむのにも体力が要りますし、収入に反比例して体力は減っています。

そして、年をとるごとに心配なってくるのは
「自分の将来」のこと、更に「親の将来」のことです。

そして、収入が多い女性の独身率が上がるのは事実です。

つまり、収入が増えても、そのお金を使う対象が増えて来ることから
結果的に、「自由に」使えるお金は
意外と増えないことに段々気付いてくる人も多いようです。

よって、最も意見の多いお金の使い道が
「貯金」となることも自然なことなのかもしれません。

カテゴリー: 中年とお金 パーマリンク