高齢出産を希望する際の様々なリスク

「晩婚化」「バリバリ働く女性増加」によって
「出産年齢」は、年々上昇を続けています。

「男女平等」「女性の権利」といったものが
確立された環境では、当然の結果とも言えるものですが

あらゆる意味で「マイナス」の結果
とららえることが出来る現象でもあります。

「高齢出産」には「リスク」が、必ず付きまといます。

自分のキャリア・自分の人生を優先できる時代は
女性にとって、素晴らしいものではありますが
誰でも年をとることは避けられず、何かを得るためには
何かを犠牲にする必要があることも、また事実です。

「仕事」と「家庭」というものは、女性が「天秤にかける」
最たるものであり、両方を「うまくやる」ことは非常に難しいことです。

そのため「先にどちらかを頑張る」という選択をすることになり
現実的に考えた際「仕事を楽しんでから、赤ちゃんを考えようかな」
といった決断をする女性がほとんどのようです。

「40歳」を意識する時代に

女性が(男性であっても)人生を考え直すタイミングとして
「30歳」という年齢が意識される傾向が「今までは」ありましたが
丁度「忙しい」「仕事が楽しくなってきた」という時期でもあり
「気づいた時には過ぎ去っていた」という傾向が、新たに現れているようです。

そうなると、次の「ターゲット」として「35歳」
もしくは「40歳」が意識されることになりますが
「35歳以上」というのは「高齢出産の定義」でもあります。

産みたい・産む決意をすることは、個人の・カップルの自由ですが
高齢出産には、リスクがあること忘れてはいけません。

高齢出産の主なリスクとしては、
そもそも、なかなか授かりにくくなる「不妊」といった状態に
陥りやすくなるリスクが、まずは挙げられます。

女性ホルモンは、20代後半から減少が始まっており
30代後半からは「一気に」減ってくることになります。

男性にも同じことが言え、この現象は「精子」「卵子」といった
生殖細胞の劣化にも、直接的につながることになり
その「衰えた生殖細胞」によって妊娠した場合
「流産(死産)」や「先天性障害」を招く恐れもあります。

「のぞみ」の段階におけるリスクとは

また「家族計画」として「2人目」と考えている場合にも
もちろん「1人目」の時よりは、リスクが高まっていることになります。

基本的には「初産」よりも、授かりやすい傾向がありますが
リスクに関してはほぼ等しく存在し、年をとればとるほど増加することになります。

「産む時期を決める自由」は誰にでもありますが
「早ければ早いほどいい」というのは
医療従事者の意見として、明確なものと言われています。

また「産んだ後」の「育児」に関しても
妊活・妊娠と同じく、それ以上に大変であり体力が必要なものです。

古い考えではありますが「女性の喜び」といった話題では
必ず「生み育てること」「家庭を守ること」といったことが必ず挙げられます。

「人の人生は、人の人生」でもありますが
「遅すぎる」「手遅れになる」ということがある問題であり
「諦めざるをえない」という状況になってしまう前に
しっかりと考え、またパートナーと相談しましょう。

「母性本能」というものは、急に芽生えることもあるようです。

「仕事だけでいい」と「今まで」は思っていても
また「パートナーがいない」という状況であっても
最近では結婚したくないけど子供は欲しい、という女性も増えているようです。

しかしながらそれに関しても、年をとればとるほど
あらゆる面で厳しい状況になることは、紛れもない現実であり
何よりも「生まれてくる子供」のことを
考えなければならないことも、忘れないようにしまよう。

カテゴリー: 悩める中高年 パーマリンク