本当はバリバリ働きたい子持ち女性の悩みとは

「既婚女性全体」としての専業主婦の割合は20%であり
80%の女性が、結婚した後も働いています。

理由としては「お金」はもちろんですが、
「やりがい」等の、自己実現も理由の多くを占めています。

そして、より「ステップアップ」していくためには
男女関係なく「キャリア」を積み重ねることが不可欠です。

「やる気はあるのに」という女性が増えている

1985年に制定された「男女雇用機会均等法」以来
バブル景気の後押しもあり、女性の社会進出が一気に進みました。

その結果「就職」に関しては、男性と同じ程度に
スムーズにいくようになりましたが「寿退社」と言われる
「結婚したらやめる」ことが、一般的な時代がしばらく続きました。

そして少しずつ月日は流れ、より意識が変わって行き
そういった風潮に疑問を持つ女性も多くなり
「更に女性の活躍できる社会を」「女性にもキャリアを」という
仕事に関して、男性と同じく・それ以上に上昇志向を持った
「結婚しても仕事を続ける」女性が段々と増えてきました。

しかし「妊娠・出産・育児」に関してだけは

  • 体の問題であること
  • 出産後の子育てのこと

仕事を辞める「きかっけ」として、相変わらず
大きなウェイトを占めているイベントになります。

つまり、キャリアを築くことに関して
女性は不利という状況は一環して変わりません。

前提として、女性にしか子供は産めません。

そういった事実もあり、妊娠したら辞めることに関して
「そんなことは当たり前」と、思っている人が多いことも事実です。

日本は「妻は三歩下がって」というような国民性もあり
実は女性の社会進出に関して、
「それほど真剣に考えていない」男性が多いような気がします。

まして法律を決める人達は、圧倒的に「年配」の「男性」が多いです。

「出産」した後により難しい問題となる

そうは言っても、女性にしか出来ないことであり
出産・育児に関しても、喜びであることには変わりありません。

よって、女性のキャリアを考えた場合「出産後」のケアが必要になります。

基本的には、出産後も働きたいという女性は多く
その理由として「経済的」な面「キャリアを築きたい」という面は

出産前の動機とそれほど変わりません。

まして家族が増えて、これから先の「教育費」等も考えねばならず
「家計」に関する問題はより深刻なものになります。

しかし、保育施設に預けることが出来ない「待機児童問題」や
「まだ子供が小さいのに」という「子育ては母親が中心」というような
考えを持った人たちも、大勢「現存」しています。

悲しいことですが、女性がキャリアを積むために必要なものは
「努力」よりも、そういった状況を無視する「図太さ」なのかもしれません。

そしてこの傾向は、もうしばらく続くという「覚悟」も必要です。

カテゴリー: 悩める中高年 パーマリンク