「日本のおばさん」とは一体どんな女性なのか

「おばさん」とは、一体なんなんでしょうか?

どんな存在なのでしょうか?

ここでは、年齢を「35歳~55歳」とだけ限定し
客観的なデータから定義してみたいと思います。

身体的な平均値

身長:157cm(55歳平均)~159cm(33歳平均)

体重51kg(33歳平均)~54kg(55歳平均)

足のサイズ:22cm~24.5cm

数字の大きさが正反対となっており
「ずんぐり体型」から「すらっと体型」に変化しています。

日本人全体に同じ傾向があり、「欧米化」の最たる例ともいえます。

また、足の大きさに関しても
50代では「22cm」の女性もいるのに対し
若年層では「25cm」の人も珍しくないなど
体の欧米化と共に、大きくなっている傾向が見られます。

スリーサイズ

バスト:78cm・Bカップ

ウェスト:68cm(33歳平均)~75cm(55歳平均)

ヒップ:平均は88cmですが、個人差が大き過ぎるため参考値なし
およそ30年前は、成人女性の半数が「Aカップ」でした。

しかし、現在はCカップの人数が、Aカップの人数を越えたとい言われています。

Fカップ以上の女性も珍しくなく、出産経験のある女性は大きくなることから
中年女性は日本人女性全体よりも大きい傾向があり・・・

一概には、平均は計れません。

しかしながら、そうはいっても
33歳と55歳では生まれ育った環境が大きく異なるものであり
若い人の方が基礎となるサイズは、比較的大きい傾向が見られます。

また、ウェストに、関しても若い方の方が
細い・シェイプされている傾向があります。

生活の内容に関するデータ

平均賃金:270万円(55歳平均)~290万円(33歳平均)

平均貯蓄額:400万円(33歳)~1100万円(55歳)

貯蓄中央値:130万円(33歳)~400万円(55歳)

基本的には、現代の社会は「男女平等」に近づいてきており
年功序列が適用される会社がほとんどのようですが
女性の場合、結婚によってキャリアが絶たれることが多く
リセットされてしまい、結果として若年女性と更年期女性の
平均値が同じ位になる傾向があります。

よって、男性のように平均が上がり続けることは稀であり
全体の平均では「300万円」にぎりぎり届かないようです。

そんな中、総合職の独身女性、いわゆる「キャリアウーマン」
突出して平均を押し上げている傾向もあります。

貯蓄額に関しては、実家なのか、それとも1人暮らしなのか
結婚しているのか・子供がいるのかによって大き変わり
一時的に増えて・一時的に減るという現象もよく見られます。

また、「0」と答える人もいる一方
平均を押し上げる人も同じくらいいることから
平均値と中央値(一番分布が多い)の両方を参考にする必要があります。

ちなみに・・・

平均初婚年齢:28.5歳

平均初産年齢:29.5歳

結婚する人は、早めに子供を生む傾向が見られます。

お付き合いをしたことがある男性の人数は
「1人~4人」という答えがとても多く(自己申告のため真偽は不明)
33歳では、「3~4人」という女性が
また55歳では、「夫しかしらない」という女性も珍しくありません。

独身女性の約半分が現在付き合っている恋人がいる反面、25%の女性が恋愛経験なし。

カテゴリー: 悩める中高年 パーマリンク