パターン別にみる中年女性のクリスマスの過ごし方~何すればいいの?~

「クリスマス」は毎年やって来るものです。

「クリスマスでも、特にはりきることはない」という姿勢が
中年女性の中の、スタンダードだとは思いますが・・・
過去何度も経験してきたこの日を、中年女性はどのように過ごすのでしょうか?

時を経ることによって、変わったものはあるのでしょうか?

このクリスマスの過ごし方は

独身・既婚

恋人がいる

子供がいる人

といった要素によって、大きな違いがあることは明白です。

子供がいる女性

子供がいる場合、ほとんど家庭のイベントになってしまい
子供が幼い時期は、「家族でしっかり楽しむ」過程が多く
子供が大きくなると、「特にどうってことない」ことが現実です。

プレゼントをあげるかどうか・その内容を考えて
料理を少し張り切る程度だと思います。

「クリスマスは家族で過ごす」というのは、
クリスマス本来の意味でもあり、自宅で過ごす人が最も多いです。

結婚はしている女性

子供がいない「既婚者」の特徴としては、
恋人時代のような二人の時間を、相変わらず楽しむことです。

そして、外食ではなく「自宅で」というのも特徴です。

プレゼントに関しては、「付き合っていた頃と変わらず」というのが最も多い意見です。

未婚の女性

未婚女性の場合は「一緒に過ごす異性がいるか」ということが最も大きな要素です。

このイベント自体に「若干飽きている」人がいることも特徴です。

恋人がいる場合

実は、この恋人がいる中年女性のカップルが
最もはりきる・お金を使う層であることも分かっています。

男女とも、ある程度お金を持っているということと
若いカップルがいるよう場所を避けるため
外食をする際にも、「上のランク」のお店を選ぶ傾向があります。

また、「プレゼント」に関しても中途半端なものは選びません。

そして、中年女性が付き合っている異性も中年男性である可能性が高く

「プロポーズの可能性がある」

というのも付け加えられるはずです。

恋人がいない中年女性

そして、忘れてはいけない恋人がいない中年女性ですが
そもそも未婚者の中で、異性と過ごす人の割合は
半分もいないことを最初に述べておきます。

そういった女性がどう過ごすかというと

いわゆる「女子会」や、恋人がいない男女の「合コン」

そして、1人で過ごす人も珍しくありません。

一人でカラオケに行ったり、カップルがいそうなバーに
あえて行く等の、猛者もいるようです。

また、

「生まれてから一度も異性と2人でクリスマスを過ごしたことがない」

という人も増えているようです。

プレゼントに関しても、関係なさそうに思えますが
自分で自分のプレゼントを買う女性もいるようであり、
ここに多くの企業が「目を付けて」いることもあります。

昨今のクリスマスの特徴として

そこまではりきらない・お金をかけない

ということを挙げられます。

クリスマスは・・・

  • 外でデートちょっと豪華なディナー
  • 高級ホテルをとっておく

というのは、イメージでしかない・なかった可能性が高く
サービス業の企業が植え付けた「消費に誘う罠」という可能性もあります。

「バブルの時代が作ったイメージ」とも考えられます。

クリスマスを一人で過ごすことは、決して珍しい訳ではありません。

見栄を張る必要はありません。

カテゴリー: 悩める中高年 | コメントする

独身でひとり暮らしの中年女性のお金の使い方~どんな贅沢をしているの?~

女性の社会的な地位の上昇に伴い、
また女性の総合職・管理職が増えたことによって
「お金を持っている女性」が増えました。

昔は、いわゆる「お茶汲み」などと言われていた時代もあり
給料が上がっていく前に寿退社すること当たり前のようなっていましたが
現在では男性と同じように、それ以上に働いている女性もたくさんいます。

実家なのか、一人暮らしなのかで消費事情は変わってきますが

「都内一人暮らしOL」のおおまかな生活費の相場は

家賃・・・8万円

通信費・・・1.5万円

光熱費・・・1.5万円

食費・・・4万円

雑費・・・1万円

平均で「15万円前後」が生活に必要になる費用であり
これらを払った後の残ったお金で、オシャレや付き合いなどの遊行費を捻出します。

上記した生活費は、「最低ライン」とも言える額であり
ある程度の社会人暦になれば、広い家に引っ越したりと
家賃を中心に上がっていくことも多いです。

それに加え、美容院代や化粧品代などの
欠かせないものが女性には多く、異性だけではない
お友達との付き合いである「女性会」などによる出費も考慮する必要があります。

贅沢な時間と使う金額

生活費以外の女性の消費項目としては

  • オシャレ
  • 趣味
  • 付き合い
  • 習い事

以上が代表として上げられます。

その中でもオシャレに関しては「常に追い続ける」人も多く
10年前、20年前と比較しても、お金を使う比率は変わらず
相変わらず一番お金を使う部分のようです。

賃金が増えるごとに、自然と使うお金も増えます。

若い頃満足していたものでは、満足できなくなります。
そして、いずれ飽きる(満足)ようになり
同じものに対してお金を使わなくなります。

いわゆる中年と言える、30歳~50歳くらいの女性は
「消費欲求のピーク」ではないかと考えられ
「ターゲット」にされている年代でもあります。

それだけに、消費への誘惑が多くなるのです。

「コントロール」が、最も難しくなる時期と言えます。

変わってきたお金の使い方の傾向

「デートは男が奢って当然」と考えられていた時代も長かったようですが
現在は、男性よりも所得が高い女性も増えてきており
「自分へのご褒美」という言葉が流行ったことからも
自分のお金でそれなりに贅沢している人も多いようです。

そのお贅沢の内容はどんなものであり
また、どの程度のお金を使っているのでしょうか?

「そもそも、みんなそんなにお金持っているの?」

という疑問も浮かんできます。

女性の社会進出と所得の増加、晩婚化の結果としての
「独身中年女性お一人様」という層を、無視出来なくなっており
企業の商品や、サービスを考える際の中心となってきています。

消費の中心として、「そこそこお金を持っている女性」が
ターゲットとなりやすく、実際に購買意欲も高いようです。

平均的な1人暮らしの女性が1ヶ月で自由に使えるお金として
20代では「3~4万円」と言われています。

しかし、男性と同じく総合職として働いている女性は
30代も半ばになれば、そこそこ収入も増えており
自由に使えるお金が「10万円前後」となる女性も多いようです。

何に使うようになったの?

その増えたお金で何をしているのかということを、様々な角度から見てみましょう。

毎日使うお金の代表でもある「食事」ですが

「ランチをちょっとオシャレなお店で」

なんていうことは、若いOLもやっていることです。

基本的にはランチは、「買ったもので」ということが多く
手作り弁当などの比率も、年齢別の違いはないようです。

また、女性のお金の使い道としては

洋服(ファッション)などのショッピング

それについで、趣味・娯楽、そして交際費となります。

確かに、年をとるごとにそれぞれの要素で
満足するためのハードルは上がってきます。

「若い頃」のようなサラリーも少なく、
少ない同志で付き合ってデートしていた頃とは違い

それなりの服(スーツ)を着て

それなりの店で「大人のデート」を楽しんだり

いわゆる「女子会」でさえも、お店選びのグレードは高くなります。

しかし、賃金や昇進などのスピードが
男性と同じくらいになった・近づいただけであり
ある程度のお金を手に入れた時点では「年を」とっていることになります。

楽しむのにも体力が要りますし、収入に反比例して体力は減っています。

そして、年をとるごとに心配なってくるのは
「自分の将来」のこと、更に「親の将来」のことです。

そして、収入が多い女性の独身率が上がるのは事実です。

つまり、収入が増えても、そのお金を使う対象が増えて来ることから
結果的に、「自由に」使えるお金は
意外と増えないことに段々気付いてくる人も多いようです。

よって、最も意見の多いお金の使い道が
「貯金」となることも自然なことなのかもしれません。

カテゴリー: 中年とお金 | コメントする

中年以降の女性は健康と美容を同時に考えていくべき

加齢と共に「体調の悪い日」が増えてくるのは、当然のことですが
女性の場合は男性に比べ、加齢による不調の要素が非常に多い傾向があります。

一般の女性は、何歳くらいから体の変化に気付き
どのように克服していくのでしょうか?

女性ホルモンの影響を生涯受け続ける
女性の体はデリケートにできていると思われがちですが

思春期、特に初潮が来るまでは男性とそれ程変わりがありません。

つまり、生理の始まりから増加し始める
「女性ホルモン」の影響が非常に大きいのです。

女性ホルモンは、妊娠や出産など、生涯に亘って女性の体を支配し続け
最後に「更年期障害」というイベントを経て、その影響から自由になります。

中年女性の不調の代表とも言える更年期障害は
「40代の後半から50歳」にかけて症状が出やすい時期になりますが
その年代というのは、閉経を迎える時期でもあります。

現代では栄養状態がいいためか
昔に比べ、閉経する時期が遅くなっているというデータもあり
それに合わせて更年期が訪れるタイミングも遅くなっているようです。

50歳過ぎまで生理がある人も多く
今の中年世代の方の、お母さんの時の話は
参考にならないというケースも増えています。

そうは言っても、根本的な対処は変わっていないようで
症状が重い人は、減っていく女性ホルモンを体に充填していく
「ホルモン療法」を試していることが多いようです。

これは、母親の世代には無かった手段であり
昔に比べれば、克服は難しいものではないようです。

また、昔ながらの漢方や
漢方の進化系であるサプリなどを試している人も多いようです。

この更年期障害は、早くて「2~3年程度」
長い人では「5年程」で症状が落ち着くと言われており

その間をどうやって乗り越えるかによって

楽しい中年時代を送る事が出来るか

前向きなシニア生活を向かえることが出来るか

今までの人生、これからの人生を試される時期でもあります。

>>糖尿病サプリおすすめランキング

「女性の悩み」から「オバサンの悩み」へ

健康だけでなく、気になって来るのが「美容」です。

そして、これらは同時にケアすることが鍵になります。

それはお互いに影響し合っているためです。

特に女性の美への興味は、男性よりもはるかに深く
若い頃から様々なことに悩んだり、美容法を実践してきたはずです。

その中でも、お肌に関する悩みは「思春期」の始まりから
人生の最後まで付き合う内容になります。

女性全体肌の悩みでは

1位・・・毛穴の汚れ・開き

2位・・・ニキビ

3位・・・シミ・そばかす

4位・・・乾燥肌

5位・・・シワ・たるみ

以上になりますが、40代以上になると

  • シミ・そばかす
  • シワ・たるみ

以上の2つの要因が、最も大きな悩みになってくると思います。

ニキビや毛穴の悩みは、「皮脂」の分泌が盛んな若い時期に多い悩みであり
皮脂が減少してくる年齢になると、次第に気にならなくなってくるものでもあります。

その代わりに、シミ・そばかす・シワ・たるみといった悩みが発生し
それらは、増えることがあっても、基本的に減少することはありません。

新陳代謝の低下

これらの、肌に「刻まれる」タイプの悩みが多い理由として
新陳代謝機能の劣化に伴う「メラニン」を代表とした
不要な物質の「排出能力の低下」です。

メラニンは紫外線によってではなく、炎症を起こした部分に発生するため
ニキビや、かすり傷等の際にも発生しています。

若い頃は、傷が癒えると同時にメラニンも排出されていましたが
段々とメラニンが沈着することによって「シミ・そばかす」になります。

保湿機能の低下

また、新陳代謝の低下に加えて、肌の保湿機能も低下していくため
肌と肌の間の水分が蒸発することによって
シワとなった部分が「痕」に残りやすくなります。

水分不足によって「ハリ」が出ないため
たるんでしまうことは、当然の結果とも考えられます。

これらの劣化を食い止めるための、様々な美容法や
サプリ・アイテムが販売されています。

そして、必死に取り組んでいる人も多いと思います。

メディア等で「すっぴん美人」というような特集が組まれていることも多く
人と比べて焦ってしまう人も多いと思います。

しかし、これらのトラブルを隠すものが「化粧」です。

劣化を受け止めて、化粧がうまくなるように努力することも
美容法とは違う、また1つのアプローチでもあるはずです。

カテゴリー: セクシーになる方法 | コメントする