衰えは「頭頂部」からも忍び寄る

「抜け毛」その結果としての「薄毛」の問題は
男性だけのものではなく、女性にとっても深刻なものになります。

頭髪の量というのは、生まれながらの「体質」の一部でありながらも
若い頃は一定の量を保っているものであり、特に女性の場合は
なくなることはないだろう、と思ってしまいがちです。

しかしながら、女性に関しては
20代後半からすでに、女性ホルモン(エストロゲン)の減少は始まっており
頭髪というのは、特にエストロゲンの影響を受けやすいものであるため
エストロゲンの減少と共に、頭髪の減少も始まることになります。

特に女性は「ボリュームダウン」が顕著

女性の薄毛の進行の特徴としては、全体的に「ボリューム」が減っていく
「びまん性脱毛症」と呼ばれる症状が顕著です。

これは、典型的な「加齢」による薄毛の症状であり
ある程度は仕方がないものになりますが
もともと、男性よりも頭髪の量が多い女性の場合は
単純な抜け毛だけが、ボリュームの減少の要因ではありません。

女性の髪のボリュームが失われる原因としては
全体的な「抜け毛」の問題だけでなく
頭髪1本1本が「弱っている」ことも影響しています。

弱っているということは「細く」なっていると同時に

  • ハリ
  • コシ
  • ツヤ

といった3大要素が失われている状態になります。

いままで通りに「髪の素」となる栄養素を摂取していたとしても
「育毛」に関わる機能が低下してきていることによって
強い頭髪が「生えない」「育たない」という状態になっているのです。

髪自体を構成する栄養素としては、

  • アミノ酸
  • ミネラル(亜鉛)

以上の2つが、主なものになりますが
20代後半以降は「髪を作る」栄養素だけでなく
「女性ホルモン」に関わる栄養素の摂取もこころがけていきましょう。

体の内部からのサポートが必要

「大豆イソフラボン」等といった、女性らしさに関わる栄養素で
お馴染みの成分を、日常的に意識することで
頭髪の劣化・改善に、つなげていきましょう。

また「体の内側」からのケアでは、どうにもならない段階においては
体の外から「ヘアケアアイテム」等を、利用していくこともおススメです。

女性専用の「育毛剤」といった、ヘアケアアイテムの種類は非常に幅広く
「シワ」のケアのアイテム、同じくらいの規模になっています。

自分に合った・無理なく使っていけるものを
出来るだけ早く見つけて、劣化を緩やかにしていきましょう。

加齢だけではない薄毛リスク

女性の薄毛の原因は「加齢」だけではありません。

  • 生活習慣(睡眠時間・ストレス)
  • 食生活(過剰・不足)
  • 頭皮環境(皮脂が多すぎる・少なすぎる)

男性の薄毛と重なる要素も、たくさんあります。

特に頭皮環境に関しては、薄毛を加速させる大きな要因ですが
自分の体質を反映したものになるため、対策も取りやすいものであり
まず最初にケアを始めるべき要素になります。

カテゴリー: 悩める中高年 | コメントする

年をおうごとに垂れていく乳

 

中年女性が抱え始める、美容の悩みと言えば
「シミ」「シワ」といったものをイメージしがちです。

しかしそれらに加え、女性にとって何よりも
「アピールポイント」を持つパーツと考えられる
「バスト(おっぱい)」の劣化に関しても段々と深刻な問題になってくるはずです。

垂れない人はいないけど・・・

おばさんになるにつれて、避けては通れない体の劣化の1つに
バストの「垂れ」いわゆる「垂れ乳」があります。

バストを構成しているものは、ほとんどが「脂肪」であり
基本的には「バストそのもの」を「鍛える」ことは非常に難しく
年をとるにつれ「張り」が失われてゆき「脂肪の質」も柔らかくなます。

そして、何より「クーパー靭帯」と呼ばれる
バストの形を保っている靭帯が緩むことが決定打となり
結果的に、「重力」に逆らえなくなります。

よく「バストトップが下を向く」と言い表されることも多いですが
バストトップだけでなく、全体的に質量の分だけ下がってきて
「崩れる」と表されるような、綺麗な形状を保つことが出来なくなります。

予防が何よりも大切

いずれ垂れることは分かっているとしても、
女性としては、何とかして少しでも長く美しいバストを保っておきたいものです。

垂れ乳を引き起こす、最も大きな原因は「クーパー靭帯の劣化」ですが
1度緩んでしまったクーパー靭帯は、鍛えなおすこと出来ません。

そのため、それ以外の要素で何とかするしか「道」はありません。

基本的に、おばさんがバストにできることというのは
「ハリ」「見栄え」を少しでも良くすることに加え
クーパー靭帯の「周辺の」筋肉を鍛えることによって
失ってしまった「支え」の分をサポートするしかありません。

また「バストアップサプリ」の中には、更年期障害にも有効な
「植物性エストロゲン」を含んでいるものも多く
体調不良への対策・改善のサポートとしての利用もおススメです。

また、しっかりブラジャーを着けないことによって
クーパー靭帯の劣化を早めてしまうことにつながるため
垂れてきているからこそ、しっかり支えてあげるための
ブラジャー選びが、非常に重要になります。

少しきついくらいのものや、バストアップを謳っているような
バストに刺激を与えることの出来るものが望ましいです。

カテゴリー: 悩める中高年 | コメントする

中年女性特有の肥満事情とダイエットをする際に心掛けるべきこと

ダイエットに関する話題は「常に」語り尽くされており
女性誌やテレビ番組、ネットサイトといった様々なメディアから
日々、膨大な情報がリリースされています。

女性にとっての永遠のテーマであるダイエットの話題に終わりはありません。

もちろん「中年女性」にとっても
重要な話題の1つであり、思春期を迎えてから今まで
様々なダイエット方法を実践してきた「ベテラン」でもあるはずです。

まずは「できるだけ動く」こと

中年を迎えたあたりから「働いている女性」と「専業主婦」とで
「体重」や「体型」に、大きな違いが出てくることも分かっています。

基本的には、加齢によって「代謝」が落ちてくるため
年をとるごとに、太りやすくなってきます。

しかし、それと同時に「小食」になる傾向があるため
実際には「プラスマイナスゼロ」であることが現実です。

カギを握るのは、いくつになっても「運動量」になのです。

いわゆる「おばさん体型」と呼ばれている「ずんぐりむっくり」の
シルエットになってしまうのは、専業主婦の女性に多く
働いている女性、特に「立ち仕事」「営業周り」をしている女性は
太っている人よりも、痩せている人が多いことが事実なのです。

専業主婦の運動量が、働く女性に比べて少ないことは否定出できません。

「通勤」でさえも、エネルギーを消費する行為に違いありません。

体重とは「結果」

また、中年女性が一定以上に太ってしまうかどうかの分かれ道は
「自分の体に合ったダイエット方法」を見つけることができているか、という
「ちょっと太ったかな」という時点で開始する
「定番の」減量法を持っているか・持っていないかという点も大きな違いです。

「今までいろいろなものを試してきたか」という、
「経験」も大きなポイントとなります。

中高年にとって効率的なダイエットとは

現実的に、中年女性に必要なダイエット方法としては
「中高年独特の太り方」に対するケアが必要です。

また、同時に「健康」に対するアプローチも始めていきたいです。

中高年の肥満の特徴として「内蔵型肥満」ということが挙げられ
これは「メタボリックシンドローム」の定義の「絶対条件」になります。

いわゆる「油もの」を控えることが望ましいと思われがちですが
一方で、「肌の潤い」が失われ始める中年女性には
「脂肪分」は必要な栄養素であり、単なる邪魔者ではありません。

そのため「コレステロールを減らす油」である「中鎖脂肪酸」含んだ
「オメガ3」が含まれている食材からの脂分の摂取を心がけましょう。

主に、マグロ・サバ・アジといった魚類を中心に
オリーブオイル・アマニ油での調理が理想的です。

肉類を避けて、以上のような食生活を送ることが
「中年太り」に相応しい、対策・改善策になります。

早く始めること

ダイエット方法は、無限に存在しますが
たとえどんな方法であっても、ある程度は効果が見込めるものです。

結果が出るかどうかは、やるか・やらないかという
本人の意思・行動が占める割合が非常に大きなウェイトを占めます。

カテゴリー: セクシーになる方法 | コメントする